Welcome to my blog

    エギング向けのパックロッド2019秋。

    0 0
    CategoryFishing



    各宅配便業者の長尺物の運送料の大幅値上げでワンピースのロッドは衰退の道を辿る一方、昨今は仕舞寸法の短いパックロッドが徐々にですが見直されて来ています。パックロッドだと電車での釣行や自転車バイクでの釣行も楽だし、出張や旅行の際にもそっと手元に忍ばせておくことも出来るのです。

    かく言うボクもパックロッドの愛用者なのです。最近釣れ出し始めているアオリイカを狙ったエギングにもパックロッドを使っています。が、この使っているロッドのシマノ トラスティックは、悪くないんだけれど流石にガイドセッティングなんかも古くて、あと致命的に重量が重いので、エギをしゃくっていると腱鞘炎になりそうなのです。なので、いい加減そろそろ新しいロッドを購入する事にしました。勿論パックロッドが第1希望。なので、どんなエギング用のパックロッドがあるのか調べてみました。この「エギング用のパックロッド」という物に対し興味がある方も多いのか、このブログの検索ワードランキングでここの所急激に上昇している事もあり、エギングに使える物を幾つかピックアップして調べてみました。


    先ずはマルチピースのロッドたち。並継ぎや逆並継ぎ、印籠継ぎのモデル達です。このタイプは使っているうちにいつの間にかガイドがズレたりしないのがいい所。

    どんなのがあるかと言うと、


    シマノ フリーゲーム XTS86ML http://fishing.shimano.co.jp/product/rod/5769

    正直、今のマスプロダクトでエギング用のパックロッドを選べ、と言われて一番のオススメはこれではないでしょうか。春イカで4号のエギを使うならS86Mもあり。ベースとなったモデルは同社のエギングロッドのセフィアBB。触ってみたけれと結構シャッキリとした感じがしました。流石にセフィアリミテッド程軽くはありませんが86MLで115gなのでこれでも十分に戦えます。5本継ぎなので仕舞寸法も60cm以下となっています。


    メジャークラフト クロステージモバイル http://www.majorcraft.co.jp/roditem/8801



    ずいぶん昔からパックロッドを作り続けているメジャークラフト。コストパフォーマンスに優れた3代目クロステージのモバイルモデル(パックロッド)は2017年に登場、今でも売れているみたいであちらこちらで欠品になっている模様です。4ピースで仕舞寸法は少し長くなってしまいますが70cmなのでまぁ許容範囲でしょう。
    これまた使うエギによってELとEの2種類から選べます。


    アブガルシア クロスフィールドMB https://www.purefishing.jp/product/abugarcia/xrossfield.html

    これはとりあえずエギングもできますよ、という感じ。何せ重量が151gもあります。どちらかと言うとシーバスロッドに近いのかな?5ピースなのは良いのだけれど。



    ツララ ジェットセッター80S http://jetslow4wear.com/products/detail415.html

    高価格ですが、果たしてその価格に見合うだけの価値はあるのか?これは触った事が無いので何とも言えません。失礼ながらツララは意識高い系の方達が使っているイメージです。所有する喜びは1番高いモデルだとは思います。4本継ぎ。





    続きましてテレスコピック(振り出し)のロッドたち。テレスコピックはなんと言ってもコンパクトに仕舞えて、またラインをガイドに通したままでランガンするような時にもとでも便利。一方、使用しているうちにガイドが回ってしまったりする事がありますのでその辺をどう考えるか?です。リーズナブルな製品が多いのは嬉しい事です。


    ダイワモバイルパック https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/bass_rd/m_pack/index.html

    もう発売開始されてからずいぶんと経つモバイルパック、今でも人気の秘密は長尺モデルでも6ピースとかで仕舞寸法が54cm以下となっているからでしょう。このサイズですとバッグの中にしまう事ができます。畳んだ時のコンパクトさはこのモデルに適うものはありません。866MLの他にもっとパワーが欲しければ806Mもあります。



    アブガルシア クロスフィールド https://www.purefishing.jp/product/abugarcia/xrossfield.html

    このシリーズでエギングに向いたモデルと言ったら864ML-TE でしょう。このモデルは意外とシャッキリ感があるブランクスで手に取ってみてもなるほどエギングに向いた感じがしました。振り出しですが4ピースのため仕舞寸法は74cmとなります。上記の並継ぎモデルと違い重量が123gとまあまあ軽量なのも良いところ。



    シマノ フリーゲーム http://fishing.shimano.co.jp/product/rod/5387

    XTでない、振り出しモデルのフリーゲーム。このモデルも振り出しにありがちなダルさをあまり感じなくて好印象。4本継ぎ。これでもう少し軽ければ…。自重は140g。それでもトラスティックよりは遥かに軽く感じますが。より軽くて少し短い80MLもあります。

    ソルパラフリダシ http://www.majorcraft.co.jp/roditem/10379

    メジャークラフトの広瀬さん好きな方はこれですね。YouTubeの動画でもこれを使ってエギングしてました。


    アルファタックル トラギアティップトップ http://www.alphatackle.com/trgr/

    今年の限定モデル。6本継ぎでモバイルパックのライバルか?安物と思われがちですがそんなに悪くない印象です。セカンドロッドとして欲しいかも。



    今市販されているエギング向けのパックロッドはこんな感じでしょうか。その他に3号以下のエギ限定なら逆並継ぎのナチュラム×メジャークラフト アーバンソルトUS-824Lもありますが、このロッドは文字通りライトクラスな感じだそうで、秋イカの出始めオンリーならいいかも知れません。




    という訳で、エギング向きのパックロッドをピックアップしてみました。でも実は、ボクが購入申し込みをしたロッドが別にあります。雑誌のルアーマガジンとメジャークラフトの限定コラボモデルのパックロッドを今年5月に申し込んだのです。この申し込みをした直後にフリーゲームXTが発表されたので、このコラボモデルをキャンセルしてよりデリバリーの早いフリーゲームXTにしようかとも思ったのですが、少し納品が遅れますがこのコラボモデルを使ってみて、ダメそうならオークションかフリマにでも出品してフリーゲームXTの方を買い直そうと思います。このコラボモデルMOBILE4EGING-2TIPのお届け予定は9月上旬との事で、到着するのを今か今かと待っております。100本限定らいしけれどまだ若干在庫があるみたいです。

    詳しくはこちら↓
    🔗https://www.naigai-shop.com/SHOP/AZ8008.html




    関連記事
    スポンサーサイト



    パックロッドエギング
    • B!

    0Comments