Welcome to my blog

    アジの泳がせ釣りでアオリイカをゲット出来たのか?

    0 0
    CategoryFishing
    昨日の日没後からはいよいよアジの泳がせでアオリイカを狙ってみました。月は満月で煌々と堤防を照らしてくれています。それまで吹いていた風も弱くなり、釣りやすい条件が整いました。用意した仕掛けは、自作の仕掛けがあまりにも酷い出来栄えだったので市販のものである ささめ針の「のりのり天国 向こうアワセ」という物を使ってみました。



    天秤式の仕掛けなのですが、本当に向こうアワセで掛かるのでしょうか?アジの泳がせでアオリイカを狙っている常連さん達は皆フッキングに苦労していて、折角アタリが出ても針に乗せることができなかったりしています。

    その常連さん達は皆脈釣りをしているのですが、ボクは諸々の事情で浮き釣りで狙ってみることに。ハピソンの自立式電気浮きを灯し仕掛けを投入したらいきなりタチウオが釣れてしまいました。指三本くらいでしたがリリース。

    タチウオの様なのがいるとまだまだ小さいこの時期のアオリイカはビビってしまうのか、なかなか出てきてはくれないのです。ここからは大苦戦。全くアタリがない時間が続きました。タナは水深の真ん中よりもちょっと下が良いと教えてもらったのでそうしてみたのですが…。

    日没後からスタートして21時までは全くアタリません。エギングと違い座って浮きを眺めているだけの釣りなので楽は楽なのですが、こうも反応が無いと疲れてきます。

    ですが前日に夜中の2時まで!釣りをしていた常連M氏によると、アオリイカの食いが立ってくるのは21時以降だと言うのです。その言葉を信じ、何時もなら20時くらいで撤収するのですが昨日はそれ以降も残業してみました。

    そして21時過ぎ、改めて集中して浮きを眺めます。するとゆっくりと浮きが沈んで向こう側へと移動してゆきます。遂にアタリです。糸ふけを取りロッドを立ててフッキングしたら乗りました!今度こそアオリイカに違いありません。が、あと少しの所でバラしてしまいました。残念。

    そして更に時間は進み、残りの餌のアジが2匹のみとなった所でようやくまたアタリが。今度は上手く釣り上げる事ができました。



    天秤式の仕掛けはよく出来ていました。ちゃんと錨針はアオリイカの脚元に掛かっていました。サイズは胴長10cmにも満たない小ささですが嬉しい1匹となりました。

    そして最後のアジを泳がせたらまたすぐにヒット。またまた小さいですが連発です。この日の干潮潮止まりが21時40分だったのですがそんなことは全く関係無く釣れてくれました。



    これにてこの日の釣りは終了。結果3打数2安打でした。ちょっと厳しい感じでしたが前日にエギングでボウズをくらっていたので釣れてホッとしました。やはりエギングよりもアジ泳がせの方が釣れる、そんな感じの現状です。とはいえエギングの身軽さは捨てがたい。アジ泳がせだと持って行くものが多くて少しめんどくさかったです。なのでMさんのように毎日はこの釣りは出来ないな、と。

    今晩はまたエギングで狙ってみるつもりですがボウズ続きになったらまたアジ泳がせをしてみようか、と思います。




    関連記事
    スポンサーサイト



    • B!

    0Comments