in Fishing

    豆アジ釣りをしていたら嬉しいゲストが。

    -0 COMMENT
    昨日の夕まずめフィッシングはアジの泳がせによるアオリイカ狙いの釣りをしてみました。釣り場に着いたら休日だけあって結構な混み具合。でもその中にSさんがいらしてまずはその隣で竿を出すことにしました。

    アジの泳がせ釣りをするには餌となる豆アジを釣らなければなりません。なのでまずはサビキ仕掛けを使ってみることに。サビキ仕掛けは3号針に餌はお気に入りになったマルキューの「爆寄せサビキ」を使いました。この爆寄せサビキ、確実に豆アジ対象ならアミ姫よりも釣れます。



    なので早々に必要数の豆アジを確保する事が出来ました。ただ、豆アジのサイズが小さい。10cmくらいのが泳がせには使いやすいのですが皆8cm止まりのサイズしか釣れませんでした。このサビキ釣りをしていたら、いきなり強い引きが襲ってきました。先日掛けたシオノコ(イナダの小さいのを新潟ではこう呼びます)か?と一瞬思うもシオノコとは引きの質が違う。サビキ仕掛けのハリスは0.8号なのでスリリングなやり取りの後浮いてきたのはキジハタでした。たぶんサビキ仕掛けに掛かったアジを捕食したみたいで、釣り上げてみたら豆アジを吐き出しました。



    25、6cmといったところですが体高があるたくましいキジハタでした。



    釣れたアジはバケツにブクブク(空気ポンプ」を使って活かしておきます。その他に20cmくらいの鯖も何匹か掛かりましたが泳がせ釣りにはアジの方が向いているので鯖はリリース。

    そして、日没。この頃になると帰る人が多くて少しは堤防が空いてきました。風は北風が少し強くてその影響か潮が右から左へ受け流すように流れていました。ボクは浮き釣りで狙うのですが浮きがどんどんと左へ流されていく状態だったので人がいなくなった所に移動して仕掛けを流してゆくいわゆるドリフト釣法で探ってゆくことに。



    色んなコースを何回も流してゆきます。すると完全に暗くなった頃にアタリが。スィープフッキングで合わせたら乗りました!アオリイカです。それも多分15cmくらいはあるこの時期にしてはいいサイズに思われたのですが、途中ですっぽ抜けてバラしてしまいました。

    バラしても2度抱き、3度抱きしてくるのがアオリイカです。なので再度仕掛けをその場所に投入してみましたが残念ながらそうはなりませんでした。

    これが昨日の釣りのハイライト。20時になって餌の豆アジも無くなったのでそこで納竿としました。3時間程の釣りで本命のアオリイカは釣ることが出来ませんでしたが、まあまあ楽しめた釣りでした。この泳がせ釣り、また来週の休日にでもやってみるつもりです。



    関連記事
    スポンサーサイト



    0 Comments

    There are no comments yet.

    Leave a comment