Welcome to my blog

    癒しのアジング。

    0 0
    CategoryFishing


    昨日の夕まずめはエギでなくてアジングをしてみました。と、言うのも前日の同時間帯に15cmオーバーのこの時期にしてはいいサイズのアジがサビキ釣りで上がっていたので、アジングで狙ったら面白そうだと思ったのです。

    用意したのはXULの5フィート6インチのトラウトロッドにエステルの0.3号を巻いたリールです。ロッドはボクの持っているロッドの中で1番柔らかいロッドで、これで例え豆アジでも掛けて面白いロッドです。1g以下のジグヘッドリグも余裕でキャスト出来るので、対豆アジにはうってつけなのです。

    ラインの先に先ず結んだのは1.3gの#12フックのジグヘッド。ワームは最初は普通の素材のワームを付けた所フグに直ぐにヤラれてしまったのでエラストマー素材のダイワ・月下美人のアジングビームを、そのままだと大きすぎる気がしたので頭をカットして短くしたやつを付けました。

    で、キャストすると直ぐにアタリが。豆アジにしては大きい?と思っていたら、上がってきたのはカマスでした。



    この後もアタリが結構ありましたがなかなかフックに乗りません。なのでジグヘッドにアシストフックを装着してみた所ここから豆アジラッシュとなりました。カウントダウン20の所、ボトム付近でアタってきます。





    日没迄に立て続けにヒットが続きました。前日迄エギングでボウズ続きだったので、釣れるのは楽しいなぁ~!と思いながら釣りました。

    ところが、日没を迎えた頃に急にアタリが止まりました。満潮潮止まりの時間ということもあったのでしょうがそこからは苦悩の時間となってしまいました。それ迄釣っていた水深5mの場所だけでなく、普段アジが溜まっているシャローのテトラ帯も探りましたが、不発。その後もチョコチョコと移動を繰り返し、水深4mくらいの所でようやくヒットしましたが、抜き上げた時に針から外れてオートリリース。

    暗くなってからは結局この1回アタったのみという…。20時前にあまりにもアタらないので納竿としました。見たいネット番組もあったので早めの納竿です。

    夕まずめにあれだけ居た豆アジは暗くなってから何処に行ってしまうのか?その答えを出せないまま次回に持ち越しとなりました。

    一夜明けて今日の夕方は台風の影響が出始めて風が強めの予報なので繊細なジグ単のアジングは厳しいかな、と思うのでアジングはまた先になりそうですが、久しぶりにしたアジングは夕まずめはそこそこ釣れたし癒しになりました。










    関連記事
    スポンサーサイト



    アジング
    • B!

    0Comments