in Fishing

    Iさんにだけ釣れる。

    -0 COMMENT


    昨日も夕まずめからエギングをしてきました。釣り場に着いた時は日も落ちて薄暗くムードは良いのですが丁度干潮潮止まりでしたので最初は期待せずに釣りを開始しました。案の定釣れないまま暗闇になります。

    ボクとHさんはエギング、IさんMさんもう1人MさんSさんはアジの泳がせによるアオリイカ釣りをしていました。最近は餌となるアジの確保に苦労してらっしゃる事が多いのですがこの日は短時間でアジが次から次へ釣れていました。アジがこんなに居るならアオリイカも近くに居るに違いありません。

    が、

    潮が動き出してからも、誰もアオリイカからの反応が無く時間だけが過ぎてゆきます。

    そんな状態の中、この堤防のアジ泳がせによるアオリイカ釣りのオーソリティであるIさんにヒット。実はこの時ボクは離れた所に居たので後でこの釣り上げたアオリイカを見せてもらったのですが、胴長20.5cmとグッドサイズのアオリイカでした。

    そして再びボクも泳がせ組のいる所に戻り、キャストしてはしゃくります。すると遂にアタリが!ですが上手くエギに乗りませんでした。でもとりあえずアオリイカはまだ近くに居るという希望が持てましたので集中してエギングが出来ました。

    しかしこのアオリイカを釣り上げたのはまたしてもIさんでした。今度は胴長18cm。1人だけ好調なのは何故なのでしょうか?みんな同じ場所でやっているのに…。羨ましい。

    そして20時を回った頃でしょうか、関屋分水の水門(新潟大堰)が開かれた様で大量の川水が流れてきました。新潟市西海岸公園の海はたちまち濁りまくり流木等のゴミも流れて来てこうなるともうお手上げです。

    少しだけ粘りましたがダメなので20時45分に皆で納竿としました。

    ボクが使ったエギはこんな感じ。



    色々手は尽くしましたが残念です。でも、釣りが出来るだけで気分はスッキリとしました。





    関連記事
    スポンサーサイト



    0 Comments

    There are no comments yet.

    Leave a comment