Welcome to my blog

    ボウズは逃れる事は出来たけれど…。

    0 0
    CategoryFishing
    昨日の夕まずめは海が凪いでいたのでこのチャンスを逃すまい、とメバリングをしに行ってきました。が、しかしその前日(一昨日)ちょっと荒れて波高が2mを超えていた影響が残っていて海水は濁りが入っていて嫌な予感がしました。

    先に来ていた常連Hさんが遠投サビキでアジを狙っていたのでお話を伺うと全然ダメだとの事。益々嫌な予感が増幅してきてしまいます。一昨昨日は尺Overの良形のアジが釣れたそうですが「今日はうんともすんとも言わない」お手上げ状態だそうです。

    アジはダメでもボクの狙うメバルは居ないとは限らない、と思いつつライトゲーム用のパックロッドを繋いで準備。この時は未だヤル気がありました。先日メバルを爆釣した場所から始めましたがアタリはありません。

    暫く攻めるもダメなのでもう少し水深のある所へ行ってみます。が、ここもダメなのでより深い方へとランガンしますが時折フグにワームを齧られてしまう以外は魚信はありません。なのでまた浅めの方へと戻って来て最初の立ち位置にてキャストすること数回目、やっとやっとアタリがあり、魚の引きを楽しむ余裕も無くぶち抜いた魚は小さなメバルでした。



    15cm位。



    ヒットしたワームはバークレイ ガルプ!ベビーサーディン。困った時のガルプ!はやはり強かった。兎に角釣れてホッとしました。



    これで落ち着いたのでこの後は先日買ったプラグの月下美人 源五郎Zをテストしてみたりしましたがメバルは浮いてくる事もなくヒットには至りませんでした。でもこのプラグは思ったよりも飛距離も出るし、レンジが合えば必ずやメバルがヒットするに違いない、と思いました。



    そうそう、昨日の釣り場ではシーバス狙いの人も数名居りました。シーバスやるには波が穏やか過ぎると思いましたが、そう言えばそろそろ例のハタハタパターンが炸裂する時期になりました。途中隣になった人は一心不乱にシマノのサイレントアサシン140Fのたぶんトビヌケオリジナルカラーを繰り返しキャストしていましたが不発、見ている限りでは誰もシーバスをヒットさせることは出来ていませんでした。

    という感じで生命感のあまり無い海でしたがホントボウズでなくて良かったです。納竿したのは20時前頃。次に釣りに行くのは次の日曜日かな。次こそは大爆釣といきたいところです。最低でもサイズアップ出来たらいいな、と。






    関連記事
    スポンサーサイト



    メバルメバリングパックロッド
    • B!

    0Comments