Welcome to my blog

    海が凪いでいたのでメバリングを。

    0 0
    CategoryFishing


    昨日は久々に海も凪いでいたのでこのチャンスを逃すまい、という事で15時前から海へメバリングをしに行ってきました。昨日は冬至でしたので15時でも既に日が傾きかけていているような感じで曇りという事もあり何だか寒々しい雰囲気でした。

    とりあえず明るいうちからポイント探索です。冬の海でしたが海面を見てみると時折カタクチイワシらしき魚が通り過ぎてゆき、少しは生命感のある感じ。で、キャストすること数回目、早速フグにワームを齧られてしまいます。なので明るいうちは主にダイソーワームワームを使って探りを入れてゆきました。既に実績のあるダイソーワームですが今回はメバルからの反応は無く、日没前迄は何もアタらず。ここでワームをジャッカルのタイドビート2インチに変えてみたら何かがヒットしました。が、手応えがあまりにも軽すぎます。何だろうと抜きあげたら、カタクチイワシがスレ掛かり。



    体長は10cm弱くらいでした。こいつをジグヘッドに刺してカサゴ狙いをしてみようかと一瞬思うもやめておきました。あくまでも本命はメバルなのです。リリースしたけれどこのカタクチイワシは生き残れるのかな?



    さて、釣り場には先に来ていた常連Sさんがフカセ釣りをしていましたが何も釣れなかったとの事。遠投サビキでアジを狙っていたHさんも不発と実に渋い海でした。Mさんは餌のイカをワームに見立ててスプリットショットリグで根魚を狙っていたのですがコチラもなかなかアタりません。が、丁度日没頃にそのMさんがメバルをヒットさせました。これを見て少しはヤル気が出てきました。暗くなった頃に同じエリアでインビジブルストラクチャーを意識してジグヘッドリグをスイミングさせていたらやっとボクにもアタリが。フッキングも上手くいきましたが引きはあまり大きくは無さそう。なので即水揚げです。



    小さな可愛らしいメバルでした。15cmくらいかな。今はメバルのスポーンの時期ですがスポーニングとあまり関係がなさそうな個体でした。でもとりあえずこれでボウズ回避です。で、この後も続くかと思ったのですがそう上手い様には行かず再び沈黙してしまいます。その後はここぞという場所をランガンしていきますが何もアタらず。ワームをガルプのベビーサーディンにしてもアタりません。最後は集中力を切らしてしまいました。その頃Mさんも釣れないので納竿するというのでボクも終了しました。

    という事で、メバルは1匹のみに終わりました。去年はもう少しメバルが釣れていた様に思うけれど、コレはやはり今年に入って沖の沈みテトラ帯が延長された影響なのでしょうか?いろんなことを考えながら帰路についたのでした。

    使ったもの。














    関連記事
    スポンサーサイト



    メバルメバリング
    • B!

    0Comments