Welcome to my blog

    暫くはアジングのワームは買わなくていいかも!(にいがたフィッシングショー初日の戦利品)

    0 0
    CategoryFishing
    にいがたフィッシングショーは各ブースで色んな物が購入できるフィッシングショーなのです。こういうのは横浜の釣りフェスティバルや大阪のフィッシングショーには無い特色となっております。これは販売店主催なので可能となっているのです。

    で、

    ボクが真っ先に買ったのは、バスやアジングのワームで有名なレインのワームセットです。



    A4くらいのサイズのポーチに入っているのはワームが7パック、タオルそしてステッカー。これで3000円。レインのワームはだいたい普通はワンパック580円くらいしますのでかなりのお得なものとなっていました。これを買うのもにいがたフィッシングショーに出かけた目的のひとつだったのです。

    入っていたワームは、



    今年の新カラーの「オーロラ~」の他フィッシングショー限定カラーの物も3つ混じっておりました。この限定カラーはチビキャロスワンプ、アジアダー、アジリンガーの3種類、ブラウンにシルバーラメが入った「821 ホンマでっか?」という人を食ったようなネーミングのカラーですが、これは常夜灯の近くで釣りをする時に良さそうなカラーです。単品販売もありましたが1パック500円でしたのでやはりまとめてポーチで買った方がお得でした。



    あと、レインのブースではワーム掬いなる物が1回500円で行われていて、これはバスワームとアジングワームに分かれていましたがボクはアジングの方をやりました。ごちゃっとケースに入っている所から料理用のおたまで2回掬う事ができ、それでゲット出来たのが下の写真のワーム達なのです。



    色とりどりのワーム達でまるでキャンディを思わせるような…。これだけで3パック分くらいあります。

    という事で、レインのワームをこの日だけで10パック分くらい仕入れることが出来たので当分の間アジング用のワームは買わなくてもいい状態になりました。とりあえずワーム掬いの方のワームは夜な夜な仕分けをしなければ。

    これだけ入手すると、春先のアジングシーズンが楽しみでなりません。


    その他にゲット出来たものといえば、



    ハヤブサのインスタントサビキセット。これのサビキ仕掛けは針が1号なので夏の豆アジシーズン迄出番は無さそうですが、その時期になったらありがたく使わせていただきます。





    その他ステッカーやら小物類等。ラインのDUELアーマードFの0.3号100m巻きは500円。だから定価の1/4です。先日同じアーマードFの0.3号をリールに巻いたばかりなので今すぐ必要ではなかったものの、予備で持っておくのもいいかと。

    バリバスのブースでアンケートを答えたら頂けたゴミ入れはホントにありがたいです。早速使うことにします。




    あと、カタログも少し頂いてきました。例年ですとカタログを頂きまくり、後で重くて後悔する事があったので今年は必要以上には頂きませんでした。その分展示されているロッドは曲げまくりました。



    とりあえず、にいがたフィッシングショー2020の初日の戦利品はこんな感じでした。


    アウトドア&フィッシング ナチュラム




    関連記事
    スポンサーサイト



    アジングフィッシングショー
    • B!

    0Comments