Welcome to my blog

    意外と知らない人が多い?ロッド(竿)の繋ぎ方。

    0 0
    CategoryFishing


    ボクはパックロッド(マルチピースロッド)を愛用しているのですが、最近気になった事があります。それはパックロッドに限らず継ぎ竿を繋いでゆく作業が間違っている方が結構居るという事です。

    どういう事かというと、

    ロッドの繋ぎ方には明確な順番という物があります。それはティップ(穂先、竿先)セクションから繋いでゆくという事なのです。実はこれは長尺の継ぎ竿を使う人の常識というか、この手順以外に考えられない事なのです。

    釣り場に着いてさぁ釣りを始めようとしたけれど準備段階でロッドを折ってしまう、なんて事がわりとある様に思います。こういう人は大抵「太い方」(バッド側)から竿を繋いでいっている事が多いです。

    改めて、ロッド(竿)はティップ側から繋いでゆく、これが正しいのです。ティップ側から繋いでゆくと、まっすぐにセッティングするのも簡単です。

    これはパックロッドだけではなく、例えば振出の投げ竿でも、



    細い方から順番に引き出してゆくととても作業効率もいいし、ロッドを地面につけたりすることも無くきっちりとまっすぐにセッティングする事が出来ます。

    反対に、しまう時は太い方からしまってゆくと良いです。

    特にこれから釣りを始めようとする方達へ、頭の片隅にでも入れて欲しく思い、説教くさくなりましたがつらつらと書いてみました。






    アウトドア&フィッシング ナチュラム



    関連記事
    スポンサーサイト



    パックロッド
    • B!

    0Comments