Welcome to my blog

    風に負けた昨日のメバリング。

    0 0
    CategoryFishing


    一昨日まであれだけ荒れていた海も落ち着きを取り戻し、昨日の午後には波高が新潟西港で1mまでになっていたのでこれはチャンス!と、釣りに出かけました。釣り場に着くとうねりは若干あるもののやはり波は落ちています。が、しかし風が強く吹いていました。予め風速の予報も見てはいましたがそれにしても、強風。風速10m/sを超えているのではないかというくらいあり、そんな状況なのにリールに巻いてあるラインは風に弱いPEで、釣り始めたものの実にやりにくい。普通のPEよりはマシであろうDUELのアーマードFでしたが全然何をやっているのか分からない感じとなり苦戦してしまいます。

    そんな状況で、ちょっとキャスト後のフェザーリングを怠ったらラインがピョン吉状態になってしまい、更に悪いことに最初それに気付かずキャストしていたら、ラインがワンキャスト分出ている所でラインがリールの所で絡まってしまい、従ってワンギャスト分(30mくらい?)泣く泣くラインを切る羽目になってしまったのです。はぁ~、やってしまった…。

    15時半頃から釣り始めたのですが、天気は晴れで日もまだ高かったのでダート(ワインド)でメバルを狙ってみましたが風は益々強くなり、そんな時に根掛かりさせてしまい踏んだり蹴ったりです。使っていたのはJAZZ 尺ヘッドDタイプの3g、それにバークレイのシュラッグミノーをセットして、ダートさせた後のフォール中はワーム任せで誘ってくれるだろうという目論見でしたが、結局メバルその他魚からの反応は終ぞありませんでした。

    辺りが暗くなる頃風の勢いは更に増してきて弱まる気配が全く無いので、本来ならこれからという時間帯ではありますが早めに白旗をあげて撤収しました。ちょうど見たいネット番組もありましたし。

    リールに巻いてあったラインを切る羽目になってリールの残りのラインも少なくなり心許なくなってしまったので、うちに帰ってきてからラインを新しく巻き直しました。今度のラインもまたDUELの、アーマードF、でなくてアーマードF+Proの0.3号。スタンダードなアーマードFよりもハイグレードな原糸が使われているのですが、この細さのProを使うのは初めてなので今までのとどう違うか使うのが楽しみであります。

    今日の夕方も、風速7m/sの予報で強めです。が、昨日よりはマシでしょう。今日も釣りに出かける予定ですがリターンマッチで結果を出す事が出来るといいな、と思います。








    アウトドア&フィッシング ナチュラム



    関連記事
    スポンサーサイト



    メバリングアーマードF
    • B!

    0Comments