Welcome to my blog

    満月の夜はやはり厳しいと思ったメバリング。

    0 0
    CategoryFishing


    昨日、月曜日の夜18時からメバリングをまたしてきました。昨日は大潮1日目、東の空に満月が煌々と輝いていてその光が海面を照らします。メバリングにおいて満月ってのは決して良くないシチュエーションなのですが、案の定大苦戦、ジグヘッドリグで一度アタリがありましたが乗せられずその後は長いことなんの反応も無い時間が続きます。

    少しだけうねりの残る海面でしたが兎に角潮が動きません大潮なのに。少しでも動きのある所を探してゆきますが、まるでダメ。前日釣れたポイントも反応はありません。困ったものです。

    月で明るいけれどもしかして浮いているかもしれないとミノーも投げますが、これも不発。

    なのでまたジグヘッドに戻してみます。前日釣れたメバルはそういえばフォールで食って来たよなぁ!と思い、特にキャスト直後のフォールに神経を集中さます。そうして何投目だったでしょうか、あのドンッという愛しいアタリがきました。キュンキュンと小気味よく走るそれはメバルに違いありません。ファイトを楽しみ抜きあげたらやはりメバル。



    22cmでした。思ったよりも小さかったけれど、本命の魚が釣れて心の中でガッツポーズです。この1匹でもう満足してしまいました。

    その後は同じ様に探りますがまた再び沈黙の時間となってしまいましたので、20時頃に納竿としました。もっと遅い時間までやればもっと釣れたのかもしれませんが、平日ですし無理をしないのです。そういや、前日の夜はオートバイの世界選手権のMotoGPのMoto2クラスで日本人の長島哲太が13人抜きの快走で優勝したのですが、レースは日本時間の深夜にも関わらず興奮してしまったのでした。なので寝不足だったのです。うちに帰ってきたら夕食もとらず即寝ました。


    昨日釣れたパターンは一昨日と同じくフォールでアタってきたのですが、これはプランクトンパターンなのかベイトフィッシュパターンなのか今ひとつ分からないけれどとりあえずボウズでなくて良かったです。後々良く考えれば、影になって月光が当たらない場所にフォールさせたのが良かったのかと。

    使ったもの





    アウトドア&フィッシング ナチュラム






















    関連記事
    スポンサーサイト



    メバリングメバル
    • B!

    0Comments