Welcome to my blog

    小雨パラつく中キジハタを狙ってみました。

    0 0
    CategoryFishing


    前日の激しい雨の影響で川の水が大量に流れ込んできていて、昨日の新潟市西海岸公園の海は水潮となりゴミも沢山浮かんでおりました。やはり普段は閉じている関屋分水路の最下流の新潟大堰が全開になっているだけのことはあります。



    こんな感じで葦などが所々に固まっていたのでそれを避けるようにして釣りをしなければなりませんでした。

    昨日の夕まずめにまたチャンスがありましたので釣りをした訳ですが、こんな感じなので厳しいかもしれないと思いつつ、まだ明るいうちはテキサスリグでボトムを叩いてみようと思い、3/8オンスのテキサスリグをリグります。そう、この日も勿論キジハタを狙いました。既に来ていたHさんは遠投サビキ釣りをしていましたが難しいコンディションの中12~15cmくらいのアジを釣っていたのでアジングでもよかったかもしれませんが、キジハタ狙いのワンタックルしか持ってきていないのでアジは諦めました。

    釣りを開始して暫くしたら雨がポツポツと落ちてきました。天気予報では曇りのままだったのに…。降雨レーダーが見れるスマホアプリで確認したらその雨雲は規模の大きくない感じで直ぐに止みそうだったのでそのまま釣りを継続しました。(便利な世の中になったものです。)が、しかし風も無い為か、その雨雲がなかなか流れてくれなくて結局1時間弱も雨にうたれる羽目になってしまうのでした。

    それでも釣りをやめなかったのは、ちょくちょくと釣れたからです。





    一匹目を釣った時にたまたま通りかかったカップルの彼女さんの方に、「釣れているところを初めてみました~」と言われてしまいました。

    この二匹はエコギア・バグアンツで釣れましたがサイズは相変わらず小さすぎで20cm前後しかありません。なのでホッグ系のワームからシャッドテールのワームに変えてみたりしました。(バークレイ ティーテールシャッド2.5インチ)

    これで大きなリフト&フォールで泳がせるようにしたらこちらでもヒットしました。



    残念ながらサイズは変わらず。



    続けて、ほんの少し気持ちだけ大きなキジハタ。18時から日没までに四匹ゲットです。そうこうしているうちに雨も上がりました。その後に蒸し暑くなるのかと思いきや日が沈んだ為か、むしろ涼しいくらいになりました。7月の終わりにもなろうかというのに長袖の上着を脱ぐ事もなく釣りを続けます。

    最近のボクのパターンで、暗くなると釣れなくなる傾向にあるのですが、「今日こそそれを脱却してやる」と気合いを入れます。サイズアップもはかりたいのでワームもフックも大きな物に変えてみたのですがこれが大失敗。ちっともアタりません。その間、常連Mさんは三匹程釣り上げていました。Mさんと何が違うのだろうか?と考えつつまたワームを小さなのに戻してみますが、結局暗くなってからは釣り上げる事は出来ず、このリベンジは次回に持ち越しとなりました。

    そして遠くに佐渡汽船の最終便が新潟西港から出てくるのが見えました。それがタイムアップの目安なのです。という訳で20時に納竿です。平日なので無理はしないのです。

    ヒットしましたワームはこちら。







    関連記事
    スポンサーサイト



    キジハタ
    • B!

    0Comments