Welcome to my blog

    昨日の夕まずめもおチビちゃんと戯れる。

    0 0
    CategoryFishing


    雨が上がったかと思えば急に夏らしい日差しが降り注ぐようになった昨日ですが、まだ新潟は梅雨明け宣言は出されていないのです。兎も角日中の暑さを避けて夕方からまたもやキジハタ狙いで海に行ってまいりました。現場に着くと海水は笹濁りといった感じで、サビキ釣りの人達にはポツポツと豆アジが掛かっていたのでキジハタも期待できるだろうと感じ、そそくさと準備を進めました。夕方とはいえまだ日差しが強いので偏光サングラスは持ってきて正解でした。

    最初使うワームはエコギア・バグアンツ3インチの北陸クリアホロでいってみます。このカラーは日差しが強い時に有効なのです。

    キャストして、根の周りを特に重点的に探ってみたら早速アタリがありました。が、乗りません。なのでもう一度同じコースをトレースしたら今度は乗りました。が、あまりにも手応えが…。



    ヤバすぎるくらいに、小さなキジハタ。フックは#1/0のカルティバ・オカッパリフックを使っていたのですがよく口の中にフッキングが決まったものです。



    この時はこの釣り場の中ほどの位置で釣っていたのですが以降はアタらなくなったので丁度Iさんが豆アジの泳がせでキジハタを狙って竿を出しているお隣に移動しました。位置的には先程の場所よりも先端部に25mくらい移動しただけなのですが、ここで何度もアタリが出ます。それも割と手前で。何回も合わせてみても乗らないので、ここでワーム及びフックを交換です。ワームはバークレイ ガルプ!クラビーにフックはオカッパリフックの#4、ここまでサイズを落としてみます。すると今度は一撃でした。



    23cmと、まだまだ小さいですが先程の魚よりは引きを楽しめました。



    幾つかのキジハタをキープした事のあるIさんによれば、調理する際に捌くと最近はキジハタのお腹の中からは「海老」ばかり出てくるそうです。こんな海老にサイズの近い2インチのクラビーがハマったという事になります。

    このキジハタを釣った頃にはすっかり日も落ちて暗くなっていました。暗くなったのにガルプ!クラビーがフグに齧られたので、ワームをエコギア・バグアンツの今度は2インチに変えてみました。すると、また小さなキジハタが…。





    こうして三匹のキジハタを釣ったのですが、贅沢は言うまい、と思うけれどせめて尺上くらいのキジハタが釣りたいものです。とはいえ釣れてくれた魚には感謝感激ですが。

    次こそは!








    関連記事
    スポンサーサイト



    キジハタ
    • B!

    0Comments